新築

新築、一生に一度の夢のマイホーム

家づくり、幸せづくりのお手伝いをいたします

一生に一度の夢のマイホームを

お客様やそのご家族様としては一生の中で最も大きなイベントが、マイホームを建てる事です。
無数ある土建業・不動産業者がありますが、お客様の為に家づくり・幸せづくりの為のお手伝いをさせていただくご縁に巡り合えるのは、私どもには奇跡に近いくらいの喜びです。                                                                       「折舘建築に出会えて良かった。家づくりは今まで一度も経験したことがなかったので、折舘建築の家づくりが本当に良いのかどうかは分からないけれど、この会社に出会えて、この人達に私達家族の家づくり、幸せづくりをまかせたことに後悔はなかった」と言っていただけることを目指し、家づくりに取り組んでいます。
家をつくるという事は単純に建築の工程を作成し、施工するだけではなく、その家が出来上がるまでに、お客様およびご家族の方々の理想や期待、夢を共有し、それを「かたち」にする事だと思っております。

また、当社では新築の物件には、従来の断熱材(グラスウール等)ではなく
高気密、高断熱のアクアフォームを施工します。
そして、地震などの耐力壁では、筋違い(柱と柱の間に入れる材料)だけではなく、ダイライトを施工し地震に負けない家づくりをします。
安心で健康な住宅をつくります。

安心・健康住宅の折舘建築

新築か、リフォームか

新築かリフォームか迷っている方へ

新築かリフォームか迷っている方へ

30年ほど経った建築物だと、リフォームされるか新居を建てようかで迷う方もたくさんいらっしゃいますが、詳細はこのようなお考えの方が多いようです。

  • 新居を建てたいが、予算の関係でリフォームにするかどうかを悩んでいる。
  • 現在の家の造りが粗雑で、家の中が傷んでしまっており、リフォームにするか新居を建てるか迷っている。
  • 子供が新しいところで住み始めたので、今ある家をもっと小回りのきくサイズにしたいが、新居を建てるところまでする必要があるかで悩んでいる。
  • 引っ越すならば新居を建て、今の場所に住み続けるならリフォームにしたいが、どちらにするかを迷っている。

新居を建てるにもリフォームをするにも「長所」「短所」があります。                                                それぞれの特徴を出してみます。

新築の場合

メリット
  • 骨組み・構造を自由に考えることができる
  • 熱の遮断、光の取り込み、風通し、湿度の調節などを考え、一貫性のある家を建てることができる
  • お客様が思い描く家にできる
デメリット
  • リフォームよりも値段がかかってしまう
  • 施工期間が長い為、仮で住む時間が長くなってしまう

リフォームの場合

メリット
  • 生活をしながらリフォームをすることができる
  • 新築と比べると低価格で工事が可能
デメリット
  • お客様の希望される間取りにするのは困難
  • 施工後の構造が不安
新築か、リフォームか

新居を建てる条件は、基本的には法的な部分が問題なければ大丈夫ですが、リフォームは主要構造の状況が問題になります。
地盤、基礎、躯体の状況が悪いまま1,000万円かけてリフォームして、結局10年後に建て替えをされているケースが非常に多いのが現状です。
骨組みの老化を専門的に判読できるのは、新居作りを取り組んでいないと分かりません。弊社では、この躯体を調査し、新築が適性か、リフォームや増築をしても問題ないかを判断します。
新築とリフォームを迷っている方のために、折舘建築では、新築とリフォームのプランニングを同時進行し、最終的にリフォームか新築にするかを判断できるようにしておりますので、新築にするかリフォームにするか迷っている方もお気軽にお問合せください。
 

ページの先頭へ